共有不動産の持分売却とは

共有不動産とは、マンションや土地を一人で所有するのではなく複数の人で共同所有する仕組みです。
不動産を遺産相続したときに相続人で一つの建物や土地を分けたり、近年では共働き世帯も増えたため、マイホームの名義人を夫婦二人の名前にするケースも増加しています。
しかし共有不動産を所有していると、手放したくなる時が来るかもしれません。
相続した共有不動産の維持費が負担だから持分を売却したい、離婚をするので財産を処分したいといった理由で、持分売却をする人も増えています。
持分売却には主に2つの種類があり、共有者全員が同意をして共有不動産全体を売却する方法と持分だけを売却する方法です。
他の共有者の同意がなくても持分だけを売却することは可能ですから、共有不動産を手放したいと思い始めたら、専門業者に相談すると良いでしょう。
専門業者に相談すると共有持分のみの売却でも、スムーズに行うことができます。

持分売却のメリットとデメリット


持分売却を行うメリットは、共有不動産を所有し続けるデメリットから解放されることです。
例えば共有不動産に必要な維持費や税金などは、持分割合に応じて全員で負担をしなければいけません。
しかし持分を手放すことで共有不動産の共有者からは外れますから、維持費などの負担からも逃れることができます。
負担が減るだけではなく持分売却をすることで売却益も手に入るので、通常の不動産売却と同じメリットがあると考えてよいでしょう。
ただし共有不動産の持分売却には、通常の不動産売却にはないデメリットもあります。
具体的には共有不動産の持分売却は、共有者ではない第三者に売却しても利益はほとんどありません。
相場よりも圧倒的に安い価格で手放さなければいけないので、損をすることになります。
子のデメリットを避けるためには、持分売却の相手に同じ共有者を選ぶことです。
同じ共有不動産を所有する共有者なら、第三者に売却するよりも高く売れます。

まとめ

共有不動産の仕組みは、一般的な不動産よりも複雑です。
そのため様々な理由で共有不動産を手放したくなったときの売却方法にも、通常とは異なる点がいくつもあります。
特に第三者に持分売却をするのは大きなトラブルにつながりかねないので、事前に準備をしっかりしておきましょう。
そのうえで持分売却をするときには、共有不動産の共有者を相手に選ぶのが、売却リスクも少なくトラブルも起きにくいのでおすすめの方法になります。

共有不動産の自分の持分だけを売却するメリットとデメリット

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。